ここから

カナダ・トロントで生活しています。カメラ片手に写真で日々を綴っていきます。

誰かがなんとかしてくれるのを待つしかないのかな

ダンフォースのストリートフェスティバルへ行ってきました。
照りつける日差しの中で、影になっている場所が少なく、丸焦げになりました。

例年通りに歩行者天国となっていました。

露店あり、演奏やダンスのステージあり、可動式遊具ありで大変な人で賑わっていました。それにしても暑すぎてふらふらでした。

軽やかにダンスする店員のおじいさん。いいなあこういう雰囲気。

最近就任したばかりのオンタリオ州首相もこの日は来ていました。
この人、本当にRobに似ているなあ。

襲撃のあったお店の内装は跡形もなくなく綺麗になっていて、
花束なども撤去されていて、ここが現場であることさえわからなくなっていました。
代わりに教会前の追悼のボードにはたくさんのメッセージと花束、ぬいぐるみなど3週間前の傷がこのストリートに影を落としているようにも感じました。

警官の数も多く配備されていました。
伝統のあるストリートフェスティバルなので中止にならなくてよかったなあと思います。何かの記事で見ましたが、トロント市民の約半数は人が集まるような場所へ行くことをためらっているようです。だからと言って家にこもりっきりになるのもアレだし困ったものです。経験的に10人いれば、一人は変な人だろうと思っていますが、今年は大きな事件が二件起こってしまいました。テロではなかったにせよ、人々を巻き込むことはやめてほしいと思います。今回のダンフォースの事件の容疑者の両親が声明文を出していましたが、関わる全ての人が迷惑を被ります。誰も得しない悲劇です。こういった事件を未然に防ぐ社会づくりが必要なのだけれど、どうするやり方が最良なのか自分にはわかりません。出来る限り自分の身は自分で守ることしかできません。
私は、できれば笑顔の人たちと生活を共にしていきたいし、平穏に日々暮らしていけたらなあと切に願っています。誰かがなんとかしてくれるのを待つしかないのかなと思っています。






夏の夜風に誘われてナイト・マーケットへ 

日本はお盆ですね。おやすみの取れる方は十分休養してくださいませ。
夜店・屋台を感じたくってオンタリオ・プレイスでのNight Market(夜市)に行ってきました。もともとT&Tの駐車場でやっていたような気がするんですが。。
今年からなんでしょうか? よくわかりません。
日が暮れるのを待って、湖岸の夜風を体に浴びて向かいました。
週末は連日天候が良く、過ごしやかったです。

煙が充満して屋台が連立していました。それだけでテンション上がります!

Satay, skewer (焼き鳥)の香ばしい匂い。かなり多くの屋台で提供していました。
人気があるんでしょうね。


焼き鳥などの肉類より魚介類が好きなのでそんな屋台を見廻っていました。

焼き牡蠣に興味津々。

こちらは焼き帆立貝でしょうか。おいしそうですね。

タコやイカの焼いているのっていいですねー。

イカ焼きを作っている屋台は他にも結構ありました。
(実はイカやタコが大好きです!!)

綿菓子の類の何かでしょうか?よくわかりません。
子供が働いている姿を見ることが滅多にないのであれっ?て思いました。
日本でもそうでしたっけ?

たこ焼きやチジミのお店もありました。
調理している人々って目を引きますね。

大勢の人で賑わっていました。良いイベントだと思いました。
うまくオーガナイズされたイベントだと思います。
ゴミを回収するスタッフもしっかり動いていましたし、日本の夏祭りのように泥酔した輩などはいませんし、結局、開催する立地が良いんでしょう。


スペースが制限されているので、大混雑でしたが、順番待ちのレーンなどをしっかりチェック・整備しているスタッフもうまく機能していたように思います。


最後に、
臭豆腐の屋台前では、刺激的な匂いが。。。
初めてだったので、びっくりしました。
これも良い夏の思い出です。


余計に日本の地元の夏祭りを懐かしく思いだしました。。。
もう何年お盆に帰っていないんだろう。。。



トロントアイランドへ夏ピクニック

職場のみんなでトロントアイランドへピクニックに行ってきました。
ご家族連れやペットを連れての参加。
“この人は彼女の旦那さんです“とか、”奥さんがこの人です。“
なんて、いっぺんに説明されてもわかりません(困)。

晴天で、そよ風の吹く絶好の日和でした。
できればこんな時間がずっと続いてくれればといいのに。
(長い冬のことを考えると、今を楽しみたいと思うのです。)

ぼんやりと過ごす贅沢な時間。やっぱりいいなあトロントアイランド。
日頃、顔は合わしているけど話したことのない人と話しができてよかったです。こんな機会がないと接点が少ないので貴重でした。

のんびり、のんびり。
こういう時は決まって今までの日本の生活のことを思い出したります。
なんだったんでしょうね。あの忙しさは。

日本の生活・環境が悪いのではなく、
あの時、誰かが、
自分をコントロールしてくれる人がいればよかったのかなと思ったりします。
トロントで生活する人、日本で生活する人。
人生は時系列に積み重ねて経過していくものだから、どちらも切り離せないものです。
海外に来たからといって人生はリセットされるものではないんですね。
日々頑張らねば。