ここから

カナダ・トロントで生活しています。カメラ片手に写真で日々を綴っていきます。

こんな日がやってくるとは

今日はとても天気が良く、
ふらっとお昼に職場から徒歩圏内にある
コリアン系食料品店に初めて行ってきました。
(去年オープンしたそうです。)
日本の袋ラーメンやお菓子など多数置いてありました。
初めてだったのでキョロキョロと物色。
すごいなあ。ある程度の日本のものが手にはいる時代(とき)がくるなんて。


いまのご時世 (じせい)、醤油や袋ラーメンなどはどこの食料品店でも手に入ります。
すこし足を伸ばせば、日本食品も扱っている大きな食料品店がいくつかあるそうですが、
実は一度も行ったことがありません。
日本の料理店やラーメン店などもこの数年で多く開店していることは知っています。
行けていない理由はなにもなく、ただなんだか腰が重いのです。
日本の食事にこだわらなければ、いくらでも美味しいものはたくさんあります。

お昼だったのでお弁当を買いました。
とてもフレッシュで味付けが美味しい。
そしてとにかく私にとっては食べやすい量となじみやすい味でした。


すごく日本のお弁当に似ているなあと思います。
たくあんや揚げ餃子に春雨。


この街で、おいしい食事や食品を提供することでボーダーレス化するのは
とても健全で応援したくなります。


ほんと良い時代になりました。


職場の同僚に尋ねたら、え!お店の存在を知らなかったの?だって。