ここから

カナダ・トロントで生活しています。カメラ片手に写真で日々を綴っていきます。

こころばかり

職場の同僚が立て続けに婚約をしています。
薄々気づいていたので、5月末の九州旅行の際にご祝儀袋を買っておきました。
一人は来月、カルガリーで挙式をあげるようですし、
もう一人は来年の5月にトロントで挙式をあげる予定でいるそうです。


馴染みの同僚にこういった場合の対処の仕方を
どうすればいいのか尋ねたことがありますが、
「私はそういったことをやったことがないからよくわからない。」
って言っていたので、
こうしなければいけないといった何かの制約はないのかなと認識しています。


どのタイミングで渡せばいいのかわからなかったけど、
あまりに遅すぎるのはどうかと思って、昨日それぞれに渡しました。


日本では同僚のご祝儀には3万円程度が妥当ということで、
300ドルずつを包みましたが果たして合っていたのでしょうか?
現金を直接渡すことに若干のためらいもありましたが、
好きなことに使ってもらえると嬉しいなという気持ちから
チェックでもなく現金にしました。


当人はびっくりしたような感じでしたが、
喜んでもらえて結果よかったです。