ここから

カナダ・トロントで生活しています。カメラ片手に写真で日々を綴っていきます。

ほど遠い

延びに延びた同僚の誕生日のランチ。
ようやくみんなの都合をつけてTIFF Bell Lightbox (映画館)内にあるLumaへ。
連休明けということもあると思いますが、お昼でもお店はガラガラでした。

映画祭の時は混雑するんでしょうね。
お客さんが少ない分、静かでとてもリラックスできる雰囲気でした。
日中ぶらっと外出することもないし、
日頃の生活とは少し違った場所に行くのって良いですよね。

夏の日差しを浴びながら、昼からビールを頂く。
ごくらく、ごくらく。

クラム・カルボナーラを注文しました。
とてもクリーミーで具沢山で美味しかったです。
自分で作れない味付けってとても興味あります。
また、茹で加減も自分にぴったりで、いいコンディションで食事を提供するのって、なかなか難しんではないんでしょうか。どうしているんだろう?


価格も良心的なので、この夏、客人や日本から友人やご家族がトロントにいらっしゃる方がいればぜひ行ってみてはどうでしょうか。いいひと時を過ごせるのと思います。


さて、今年職場の同僚が立て続けに二人結婚します。
ランチでもその準備や両親への結婚報告の話。
私は興味深々で、どうすればそんな環境を楽しめられるのか、
幸せそうな雰囲気を羨ましく感じます。
一般的にひとまわりの経験してきた身としては、
これがなかったら生きていけないと、
こだわる意識がだんだんと薄れている気がします。
それがいいのか悪いのか判断できないけれど、
徐々に機会を失っていることはわかります。


こうやって日々の生活は、
私の手の届く身近な善良な人の幸せな話に満たされて消費されていくんだろうとも思います。とてもありがたいことです。