ここから

カナダ・トロントで生活しています。カメラ片手に写真で日々を綴っていきます。

騒がしい金曜日

市庁舎前では新しいプレミアの政策に対しての抗議集会。。。。
オンタリオ州の議員を半分にするということに対して。

抗議集会で主張している内容を聞いていると、
それもまた、やはり面白くない冗談で、
バカバカしい内容。。。。
私が言いたいのは、良いとか悪いとかではなくって、
どうして時間を割いてこんなどうでもいいことに、
人々を巻き込むのかっていうこと。
また、嬉々としてこういったイベントに参加する人々の群れ。
(まあ、削減されるかもしれない議員の支持者なんでしょう。)
大げさなパフォーマンスをする必要があるんでしょうか?お互いに。

金曜日の夜なのだから、
美味しいお酒と食事で、楽しく行こうよと思う私はおかしいのでしょうか?
多様性ばかりを強調するだけで、成熟しない社会。
自発的に統一国家を目指さない国、カナダ。
(目指すことができない構図だからでしょうけど。)

新しい文化や価値観を生み出せる環境下にあるように思えるのに、
目に見えて、そういう風にはコミュニティー間の融合は進まない。
トロントは、良い例だと思います。


ほんと申し訳ないけれど、
上っ面の上手な口上で、あたかも意味のあるように主張するのだけれど、
結局何がしたいの?これからどうなっていきたいの?って思う。