ここから

カナダ・トロントで生活しています。カメラ片手に写真で日々を綴っていきます。

強さとは何か

いつもお世話になっている同僚が、
ダンフォース・ストリート郊外に住んでいます。
先週のニュースを知って、びっくりして彼女の職場へ。
友人や家族は大丈夫だったよう。
彼女は最後に心配してくれてありがとうなんてことも言ってくれる。

昨日の金曜日に近隣のお店の人たちが主体で黙祷がありました。
私には彼らネイバーフッドらの連帯感を想像はできますが、
実際は理解することができません。
水曜日には大規模な追悼式があったみたいです。

隣接するお店の従業員などがストリートに並び黙祷をしていました。
二週間後にはこのストリートで大きな夏のお祭りがあります。
同僚は問題なく行われるんじゃないかと言っていましたが、
どうなることか私にはわかりません。

黙祷後、現場で再度お祈りをして帰りました。
今年に入ってから、
普通ではない悲惨な事件がこの街で立て続けに起こっています。
息の詰まるような閉塞感を感じます。

ここは、ダウンタウンの遠景を眺められる素敵な場所です。
冬に雪の積もった日は、子供達がソリで遊ぶスポットでもあります。
自分とってもとても大事な思い出深い場所です。


皆が皆、人を思いやる心を持った人たちでないことは理解できます。
それぞれの異なる事情があるんでしょう。
けれども自己中心的な考えを人に押し付けてはならないと認識しています。
他者に危害を加えるなどもってのほかです。


個人的に思うことですが、多数の人と協調して社会生活を行っていくときに、
どこにいようと個人で社会的な責任を負えないようであればそれは非常に問題です。


人に甘えるような幼稚さは捨てるべきだなと思います。
強さとは何か。人を思いやる愛情の気持ちだと思います。