ここから

カナダ・トロントで生活しています。カメラ片手に写真で日々を綴っていきます。

Brookfield placeにて

やっと金曜日。毎週のことながらヘトヘト。
仕事終わりにWorld Press Photo Exhibition 2017を見にBrookfield placeへ。


毎年恒例で、
2012年にはここで展示されていた東日本震災の写真に強い衝撃を受けました。


今年も例年にもれず、
世界的に政治的意味合いの多い悲惨な写真が受賞されていました。
(ショッキィングな写真は載せません。)

ほんの一瞬を切り取った圧倒なクオリティーに心に訴えてくるような写真群。
圧巻です。


下記にも幾つかの作品を示しておきます。

受賞された写真作品を自分のカメラで写真で撮るという生産性のないものですが、
人に広く伝える意味では効果的ではないかと考えています。

写真の画角の中に対象物の無駄のない配置。背景が見せる圧倒的な現実感と虚無観。生活していく上でアイデアを提供してくれるものだと認識しています。もし、興味のある方がいれば、是非自分の目で見て感じとってください。また、受賞された方々の観察する力(洞察力)を感じて、是非養ってください。

目を伏せたくなるような写真も展示されていますのでご注意ください。